カードローンはとても利便性の高い、誰もが使いやすいローンです。
消費者金融や銀行などから様々なカードローンが提供されていますが、
それぞれに特徴があるため、どのカードローンが良いかはなかなか決めにくいのではないでしょうか。

カードローンを選ぶ場合にポイントとなるのは、即日審査、即日融資が出来ること、金利が出来るだけ安いこと、カード発行が早いことの3つが特に重要なポイントとなります。
まず即日審査、即日融資が出来ることですが、これは多くの金融会社で取り入れていますのでそれほど迷うことは無いかもしれません。

大手消費者金融はほぼすべてが即日審査も即日融資も可能になっています。銀行に関しては地方銀行などは即日融資が出来ない場合が多いですが、ネット専業の銀行などは即日融資が可能になっていることが多いので、もし消費者金融ではなく銀行のカードローンを選ぶのであれば、ネット専業の楽天銀行などを選ぶと良いでしょう。

次に金利面ですが、消費者金融の場合にはほぼ横並びの金利を設定しています。最低金利4.5%~最高金利18.0%くらいの金利になっているのがほとんどですから、
どの消費者金融を選んでもそれほど返済時の金額に差は出ないのではないでしょうか。

しかし銀行のカードローンは消費者金融よりも金利が安い場合が多く、楽天スーパーローンの場合最低金利4.9~最高金利14.5%という金利を設定しています。最低金利とは限度額まで借りた場合の金利、最高金利とは少額のみ借りた場合の金利となります。
これを見る限りでは、少しだけ借りる場合には楽天のローンが安く、限度額いっぱいまで借りる場合には消費者金融で借りたほうが金利が安いということになります。借りる金額によって申し込み先を変えたほうが無駄な金利を支払わなくて済むと言うことです。

最後にカード発行のスピードですが、これは消費者金融が最もスピーディに発行が出来ます。無人契約機や店舗で申し込みをすれば、その場でカードを受け取ることが出来ますから、すぐに提携ATMなどからお金を引き出すことが可能になります。
前述している楽天などの場合、カードは後日郵送されてきますからお金を自由に引き出すことは数日間は無理となります。ただ、ネット上の専用ページから指定口座にお金を振り込んでもらうことは可能ですから、それほど不便は無いと思います。

このように即日融資出来る金融機関でもそれぞれ違いがありますから、自分に合った所に申し込むと良いのではないでしょうか。

こんにちは、私は現在、消費者金融や銀行系などで、ローン 借り換えと言った形で、融資を受けています。
金額はトータル300万程です。
今は、その返済をしている真っ最中です。
融資してもらっている会社は、何件にもなり、月々返済日には、一苦労しています。
そこで良い物はないかと、返済の仕方を色々調べ、カードローンの借り換えおまとめローンと言ったものを知りました。
このおまとめローンは、他社からの借り入れを、一社にまとめその会社に返済していく形です。
それをする事により、返済日の月末には、多少ではありますが、返済先が一社になりますので、楽になります。
決断をし、いざ取り引き先を選び契約をしようとお願いをしましたが、結果審査が通らず、契約までにいたりませんでした。
数十万円の融資の場合は、それほど審査が厳しくなかった様ですが、数百万円となると、話は別物らしく、私の場合取り引きをさせて頂く事が出来ませんでした。
融資して貰える事が出来なかった理由は、その会社からは社の取り決めで、教えて貰う事が出来ませんでしたが、私の経験上、審査をする上で自営業者の場合、事業資金に使用する可能性があるので、その様な使い道を選択する事は出来ない様です。
お勤めの方、サラリーマンの方の場合、その勤めている会社の名前で融資可能か判断している様です。
私は自営業者です。

最近また金利が上昇する傾向があるので、うちもあと3年で10年固定が切れるため、現在の金利が低いうちに、借り替えようか迷っている。

9年前にフルローンで家を購入して、まだ金利が今よりも高かったため、2年固定で借りたが、金利はそんなに変化ない時世だったのに、2年後の切り替えの際に1%以上利率が上がることに気づいて慌てて他の銀行での借り換えを検討したことがあった。

短期間での切り替えで気をつけねばならないのは、初めて銀行で住宅ローンを組む時にはわりと初回限定の利率割引があるので、切り替えの時にいきなり利率が上がることがある。
2~3年で共働きで沢山貯金ができそうなら、切り替えの際に沢山繰り越し返済をしてしまえば、そんなに気にならない程度の金利かもしれないが、あまり貯金ができる状況でなければ、長期の借り入れを検討するべきだと思う。

ネットバンクでの借り換えを検討した際、実際に店頭に行く必要はないため、気軽な感じもするが、実際借り換え以来をして書類をいろいろそろえて郵送した結果、借り入れ希望金額に到底届かない少ない金額を提示されて、結局謄本等取るのに数千円かかったが、無駄に終わってしまったことがある。
ネットバンクは結構シビアなので、手軽に思えるが、店舗を構えている町の銀行に比べると、収入に対しての貸してくれる金額が厳しかった。

借り換えには数十万の手数料もかかるので、そちらも借り入れにプラスしなければならないと、結局借り入れ金額が増えるので、借り換え前には30万くらいは手数料がかかることを頭に入れておいたほうが良いです。

家が今使っているローンは、半年ごとに見直しがある変動金利ローンです。ローンを初めてから15年が経ちまして、残りのローンが後15年です。今回、ローン金利が下がったのでローン借り換えの査定をしてもらうために銀行に相談に行って来ました。

銀行のローン担当の人が詳しく計算をしてくれたのですが、今家が契約している変動金利は固定金利よりも金利が安いこと、金利が上がっても上限が決まっているローンを契約しているので、最大で上がっても今の固定金利より0.何%しか上がらないこと、上がったとしても金額としては数百円であること、その数百円は手数料で相殺出来るのではなどを教えてもらいました。

この時期ローンを借り換える方がお得だと思っていたのですが、人によっては借り換えても変わらないのだと言うこともあるのだと知りました。調べてもらってから私達がローンを組んだ時も「低金利で借り換え時」と言われて、多くの人が借り換えをしていたのを思い出しました。当時は固定金利がから変動金利への借り換えでしたが、知人もローン返済が数万円安くなったと言っていました。

暫くは今のままのローン返済でやっていくつもりですが、もっと金利が下がるようだったらローンの借り換えを考えてみたいと思っています。

ローンの借り換えと言えば住宅ローンの借り換えを思い出します。
アベノミクス政策の影響で住宅ローンの金利が上昇するというニュースを見聞きしました。
すでに大手の銀行数社では固定金利の引き上げが行われたというので気が気でない人も多いでしょう。
今後も金利がどんどん上がるなら、その前に他の住宅ローンに借り換えることも検討する価値はあるでしょう。

住宅ローンの借り換えは、新規で住宅ローンに申し込みをして現在のローンを一括で支払うことになるので、
手続きに関わる事務手数料、繰り上げ返済の手数料、税金や保証料、司法書士に支払う費用などが掛ってきます。
目先の金利だけにとらわれていると本当に自分にとってお得な借り換えになるのかわかりません。
借り換えを思い付いたら銀行の担当者などに相談をして綿密なシュミレーションをすることが大切です。

一般的に住宅ローンの借り換えは、変動金利から長期の固定金利へ変更するパターンが多いです。
長期の固定金利なら時代ごとの金利上昇に振りまわされることがないので精神衛生的にも安心感が大きいです。
金利が低い時代は変動金利が魅力的ですが、昨今のように金利が上昇傾向になる時代には固定金利の選択がベストだと思います。
いずれにしても住宅ローンの借り換えには数十万円単位での諸費用が掛るのを念頭に置いて考えることが大切です。

住宅ローンに関するコメントです。
私が家の購入経験があるのは現在住んでいるマンションだけです。購入してからは13年ほど経ちます。
マンションを買った当時は全てキャッシュで購入できるわけもなく、住宅ローンを組むことになりました。
住宅ローンは住宅金融公庫と年金と銀行でローンを組みました。頭金も充分にあったわけではないので、3つの金融機関を使ってローンをフルに組みました住宅ローンを返し始めた当初は元金よりも金利分の返済額の方が大きかったために、途方に暮れたことが今でも記憶に残っています。とはいっても、徐々に返していくと少しずつ元金が減ってきました。2年ほど経ち、少し貯金が出来たので繰り上げ返済を行うことにしました。
どの分を返すことにするか家族と相談をしました。その結果、金利が高めで、借入額の少ない年金分を繰り上げ返済する事にしました。全額を返すまではいきませんが、繰り上げ返済をして、少し返済すれば完済することが出来るのが、その理由です。
繰り上げ返済を実行しましたところ、かなり年金分の元金がへり、その2年後には年金分は完済しました。
その3年後に銀行分の繰り上げ返済を実施しました。銀行分は元々金利が低かったこともあり、7年間でかなりの元金を返しておりましたので、今回の繰り上げ返済で完済する事が出来ました。残るのは公庫だけです。公庫は後3年ほどで返済額を増やすタイプを選択していましたので、この機会に借り換えも実施しました。一度、完済した銀行で借り換えローンを組み直し、1.1%程で返済を継続しています。