カードローンはとても利便性の高い、誰もが使いやすいローンです。
消費者金融や銀行などから様々なカードローンが提供されていますが、
それぞれに特徴があるため、どのカードローンが良いかはなかなか決めにくいのではないでしょうか。

カードローンを選ぶ場合にポイントとなるのは、即日審査、即日融資が出来ること、金利が出来るだけ安いこと、カード発行が早いことの3つが特に重要なポイントとなります。
まず即日審査、即日融資が出来ることですが、これは多くの金融会社で取り入れていますのでそれほど迷うことは無いかもしれません。

大手消費者金融はほぼすべてが即日審査も即日融資も可能になっています。銀行に関しては地方銀行などは即日融資が出来ない場合が多いですが、ネット専業の銀行などは即日融資が可能になっていることが多いので、もし消費者金融ではなく銀行のカードローンを選ぶのであれば、ネット専業の楽天銀行などを選ぶと良いでしょう。

次に金利面ですが、消費者金融の場合にはほぼ横並びの金利を設定しています。最低金利4.5%~最高金利18.0%くらいの金利になっているのがほとんどですから、
どの消費者金融を選んでもそれほど返済時の金額に差は出ないのではないでしょうか。

しかし銀行のカードローンは消費者金融よりも金利が安い場合が多く、楽天スーパーローンの場合最低金利4.9~最高金利14.5%という金利を設定しています。最低金利とは限度額まで借りた場合の金利、最高金利とは少額のみ借りた場合の金利となります。
これを見る限りでは、少しだけ借りる場合には楽天のローンが安く、限度額いっぱいまで借りる場合には消費者金融で借りたほうが金利が安いということになります。借りる金額によって申し込み先を変えたほうが無駄な金利を支払わなくて済むと言うことです。

最後にカード発行のスピードですが、これは消費者金融が最もスピーディに発行が出来ます。無人契約機や店舗で申し込みをすれば、その場でカードを受け取ることが出来ますから、すぐに提携ATMなどからお金を引き出すことが可能になります。
前述している楽天などの場合、カードは後日郵送されてきますからお金を自由に引き出すことは数日間は無理となります。ただ、ネット上の専用ページから指定口座にお金を振り込んでもらうことは可能ですから、それほど不便は無いと思います。

このように即日融資出来る金融機関でもそれぞれ違いがありますから、自分に合った所に申し込むと良いのではないでしょうか。

ローンの借り換えと言えば住宅ローンの借り換えを思い出します。
アベノミクス政策の影響で住宅ローンの金利が上昇するというニュースを見聞きしました。
すでに大手の銀行数社では固定金利の引き上げが行われたというので気が気でない人も多いでしょう。
今後も金利がどんどん上がるなら、その前に他の住宅ローンに借り換えることも検討する価値はあるでしょう。

住宅ローンの借り換えは、新規で住宅ローンに申し込みをして現在のローンを一括で支払うことになるので、
手続きに関わる事務手数料、繰り上げ返済の手数料、税金や保証料、司法書士に支払う費用などが掛ってきます。
目先の金利だけにとらわれていると本当に自分にとってお得な借り換えになるのかわかりません。
借り換えを思い付いたら銀行の担当者などに相談をして綿密なシュミレーションをすることが大切です。

一般的に住宅ローンの借り換えは、変動金利から長期の固定金利へ変更するパターンが多いです。
長期の固定金利なら時代ごとの金利上昇に振りまわされることがないので精神衛生的にも安心感が大きいです。
金利が低い時代は変動金利が魅力的ですが、昨今のように金利が上昇傾向になる時代には固定金利の選択がベストだと思います。
いずれにしても住宅ローンの借り換えには数十万円単位での諸費用が掛るのを念頭に置いて考えることが大切です。