ローンの借り換えと言えば住宅ローンの借り換えを思い出します。
アベノミクス政策の影響で住宅ローンの金利が上昇するというニュースを見聞きしました。
すでに大手の銀行数社では固定金利の引き上げが行われたというので気が気でない人も多いでしょう。
今後も金利がどんどん上がるなら、その前に他の住宅ローンに借り換えることも検討する価値はあるでしょう。

住宅ローンの借り換えは、新規で住宅ローンに申し込みをして現在のローンを一括で支払うことになるので、
手続きに関わる事務手数料、繰り上げ返済の手数料、税金や保証料、司法書士に支払う費用などが掛ってきます。
目先の金利だけにとらわれていると本当に自分にとってお得な借り換えになるのかわかりません。
借り換えを思い付いたら銀行の担当者などに相談をして綿密なシュミレーションをすることが大切です。

一般的に住宅ローンの借り換えは、変動金利から長期の固定金利へ変更するパターンが多いです。
長期の固定金利なら時代ごとの金利上昇に振りまわされることがないので精神衛生的にも安心感が大きいです。
金利が低い時代は変動金利が魅力的ですが、昨今のように金利が上昇傾向になる時代には固定金利の選択がベストだと思います。
いずれにしても住宅ローンの借り換えには数十万円単位での諸費用が掛るのを念頭に置いて考えることが大切です。

Leave a reply

required

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>